住宅ローンの支払いが間に合わない!

マイホームを奪われる人が急増

現在、住宅ローンが払えなくなり、マイホームを手放す人が多くなっています。

せっかく買ったマイホームも、最後まで支払いが出来なければ、途中で手放すことになってしまうケースはいくらでもあります。
そのため、住宅ローンを契約する時には、突然の年収ダウンやリストラなども考慮して、『確実に払える金額』を設定するのが重要になってきます。

 

一般的には、10万円未満で住宅ローンを組む人がやはり多いと思います。

 

では、『危険』だと思われる住宅ローンの金額というのはどの程度でしょうか?
それは年収がいくらであろうと、10万円を超える毎月の支払いがある人です。

 

万が一、リストラになって年収ダウンした場合、毎月10万円を超える住宅ローンを払い続けるのは、難しくなってしまいます。
『今』は良いですが、将来的に何かあった時に、10万円超える返済額を設定している人は、途中で変更がききにくくのがデメリットです。

 

やはり返済金額が少なければ少ないほど、将来年収ダウンやリストラにあっても、なんとか返済していける可能性があります。
そして、住宅ローンを支払えなくなってしまう人こそ、毎月の返済金額が高い人が多いのです。

 

もしも本当に経済的に余裕があるのであれば、毎月の返済金額を多くするのではなく、頭金を少しでも多く入れて、毎月の返済額を少なくする努力をしましょう。

 

1カ月の滞納では差し押さえはないけど・・・

マイホームの住宅ローンの返済は、1カ月程度では、即座に競売にかけられたり、差し押さえを食らうことはありません。

 

まずは、はがきや電話による催促がありますので、その時点でしっかりと返済をしていれば、問題は特にありません。

 

ただし、これが毎月返済に遅れるとか、何か月も滞納するようになってくると、やはり問題が大きくなってしまいます。

 

 

短期間の返済の遅れであれば、返済元へ連絡を入れて、「○日にお支払いをします」と相談をすれば、待ってくれる可能性があります。

 

しかし、長期の遅延になってくると、『代位弁済』という言葉が出てくることがあります。
代位弁済というのは、住宅ローンが支払えなくなった時に、保証会社が返済者の代わりに、住宅ローンの借り入れ先へ一括返済をすることです。

 

しかし、保証会社に住宅ローンを一括返済してもらっても、住宅ローンがチャラになるわけではありません。
この時、マイホームは任意売却、もしくは競売にかけることになってしまいます。

 

売れたお金は代位弁済の一括返済に充てられますが、家を売っても借金が残ってしまうケースも多くあります。
一括返済で代位弁済をしてもらった場合、基本的には分割払いはできません。

 

代位弁済を利用すると、大変苦しい一括返済を迫られることになりますので、やはり長期の滞納は、出来るだけ避けることが大事になってきます。

 

滞納が6カ月〜1年を超えたら競売の可能性も!

住宅ローンの滞納が半年〜1年以上にかかる場合、借入先の金融機関にもよりますが、既に任意売却を選択できる状況ではなく、マイホームを競売にかけられる可能性も出てきます。

しかし、住宅ローンの遅延は『6カ月になったら競売へ』など、決まった基準がありません。

 

『個々によって判断が違う』ため、同じ遅延期間でも別々の対処がされることも多いのです。
たとえば、Aさんが半年遅延しても、競売にならなくても、Bさんが半年遅延して競売にかけられることもあります。

 

収入などの支払い能力から、色々と判断が変わってくるため、「ネットで3カ月程度だったら、任意売却や競売にはかけられないって書いてあったし大丈夫だろう」と思っていると、実際には任意売却や競売を迫られることもありますので、自己判断は禁物です。
どのような流れになるのは、個々の支払い能力と借り入れ先の金融機関の判断になりますので、ネットのケースが、丸丸自分に当てはまるとは限りません。

 

また金融機関が、「支払い能力がない」と判断し、任意売却や競売を勧める目安は、多くの場合、6カ月以上と言われています。
半年以上の住宅ローンの返済遅延がある場合、マイホームを手放すことは、覚悟をしましょう。

 

マイホームの手放し方を考えるタイミングに来ています。

 

半年以上の滞納はマイホームを手放す覚悟を!

マイホームを手放したくないと、任意売却や競売に応じないで、1年以上過ごしている人もいますが、ここまで行くと、まずどんなにごねても、『マイホーム』を維持するのはもう困難な状況です。

1日でも多くごねるのか、それとも新しい生活に向けて、有意義な一歩を踏み出すのか。

 

大きな選択を迫られてきます。
家というのは、新しいほど建物の価値があり、古くなるほど価値が下がります。

 

そのため、新しい状態で、任意売却を進めたほうが、少しでも高く、売却出来る可能性があることを覚えておきましょう。
ごねて自分が居座った分だけ、結局家の価値が落ちてしまいますし、入札者に買いたたかれる競売などで売ることになってしまいます。

 

買い手に嫌な印象を与えると、家は売れなくなってしまいます。
賃貸でも、自殺者が出た家や、お墓が見える家というのは、あまり人気がなく、賃料が格安になっているケースが多いです。

 

それと同じく、マイホームだって、「住宅ローンが払えない入居者が何年も居座っている家」だと、次の買い手がやはり敬遠したくなります。
マイホームの支払い能力が無くなってしまった人は、やはりずっとそこに居座れるわけではありませんので、出来るだけ高く売れる段階で自分たちが退去した方が自分たちのためになります。